カラミざかり3話です。

 

2話の最後には智乃の無茶振りに

貴史が無茶振りで返すと

 

 

ホントに智乃がやってくれて…

 

 

という展開でした。

 

日常から少し外れた

それでいてリアルな高校生の

出来事に独特の緊張感があって

グイグイ引き込まれます(^^)

 

 

 

3話ではここからさらに

高ぶっていく4人

 

 

初めて見る生マ○コに貴史は

 

「あんまりジロジロ見ないでよ」

 

「恥ずかしいじゃん」

 

智乃はスカートを捲り上げ

 

立ったまま水色のパンツを

ずらしマ○コを貴史に見せて

 

恥ずかしそうに言った。

 

初めて見る生マ○コ

 

しかもいつも遊んでいる

 

同級生の生マ○コ

 

貴史はしばらく固まってしまった。

 

自分も見せたくないから

 

出来るはずないと思って

 

「お前も見せろよ!」

 

と無茶振りしたはずだったのに…

 

マ○コを見せられた貴史は

 

カチャカチャとズボンを

下ろしだした。

 

そして、約束通りギンギンになった

 

チ○ポを智乃の前に露出した。

 

これ、どうやって使うの?

 

ゴクッ…

 

貴史のチ○ポを目の前に

智乃は生唾を飲み込んだ。

 

「こ、これ」

 

「どうやって使うの?」

 

智乃の目的は貴史のチ○ポ

見ることではなく

 

オナホを使っているところを見たい!

 

ということだった。

 

ここまでくると貴史も

おさまらない。

 

「穴にローションを入れて」

 

「そのまま奥まで…」

 

貴史の説明にコクッと

うなずくと智乃はオナホを

 

貴史のチ○ポに被せた

 


僕は大人漫画をスマホでこっそり読んでいます。

家族の手前、家のPCでは落ち着いて見れませんからねぇ(笑)

 

僕が利用しているサイトはこちらです。

無料で立ち読みも出来ますので

おススメです。

 

もちろん

「カラミざかり」も

ありますよ~(*^^)v

≫おススメ大人漫画はこちら≪


「代わりにおっぱい揉んでいい?」

 

「こう?」

 

貴史のチ○ポにオナホを

被せた智乃はそのまま

 

シコシコしだした。

 

ぎこちない手つきでオナホを握り

 

貴史のチ○ポをシコシコする智乃

 

貴史は普段とは違う感触に

 

「うっ」

 

座っている貴史のチ○ポを

シコシコしている智乃を見て

 

「お前、マ○コ見えないじゃん!!」

 

「代わりにおっぱい揉んでいい?」

 

興奮した貴史は智乃のブラに

 

手を入れていった。

 

夢中でシコシコしている

 

智乃は貴史に胸を揉まれても

嫌がるそぶりはなく

 

それどころか生で乳首を

 

イジられているうちに

 

感じて声を出してしまっていた

 



 

「へへ、きれいにしてやったぞ」

 

貴史のチ○ポをシコシコしながら

胸を揉まれて感じている智乃

 

それを見ている高成と里帆にも

変な緊張感包まれていた

 

 

「うっ」

 

「気持ちいいっ」

 

貴史は大量の精子を

 

オナホにぶちまけた。

 

ハァ…ハァ…

 

射精した貴史は

射精まみれのチ○ポを

ティッシュで拭こうと

 

オナホを外した

 

「あむっ♡」

 

何と、智乃は精子まみれの

 

貴史のチ○ポをくわえ

 

お掃除フェ○をしだした!

 

「へへ、きれいにしてやったぞ」

 



 

 

感想

3話も2話に引き続き

緊張感が伝わってくる展開でした。

 

貴史と智乃が徐々に興奮して

タガが外れてくる様子が

ドキドキして興奮しましたね~

 

4話以降も楽しみです。


僕は大人漫画をスマホでこっそり読んでいます。

家族の手前、家のPCでは落ち着いて見れませんからねぇ(笑)

 

僕が利用しているサイトはこちらです。

無料で立ち読みも出来ますので

おススメです。

 

もちろん

「カラミざかり」も

ありますよ~(*^^)v

≫おススメ大人漫画はこちら≪